まちのコピー屋さん PRINT PORT(プリントポート) 竹内剛直

文房具屋さんからコピー屋さんに
―この店を始めた経緯を教えてください。

 父の代から所沢で文房具の仕事をしていて、この店の前身も文房具店です。場所はこの近くにある今は自転車屋のアサヒさんが入っている建物を借りていて、1階は文房具の販売で、2階にこの店と同じようにプリントをしていました。オフィス・デポという店ですが、覚えている方もいるかもしれません。
 文房具はえんぴつ1本100円と単価が安いので沢山売らないと儲からない商売なので結構大変なんです。それに店も大きかったのでテナント料も嵩み、当時は下りエスカレーターを必死で駆け上っているような感覚で商売をしていました。笑 そんな中で2階のプリントの方は順調で、お客さまも着実に増えていたので、5年前に大きく舵を切って文房具は止めてプリントのみの店にしようと、この場所に移ってこの店を始めました。
 この場所はうちが入る前は覚えていないくらいに店がコロコロ変わっていましたが、おかげさまでこうして定着して続けられています。父の代から文房具業はやっていたので、方針転換には勇気がいりましたが、今続けてこられているのであの時判断して良かったと思っています。

スタッフが親切に印刷のサポートしてくれる
―店の特徴を教えてください。

 B0やA1サイズの大判出力が可能です。もちろん、コンビニと同じようにA4サイズなどのコピーやプリントもできます。飲食店の方などがよく利用して頂いておりますが、メニュー用や店内掲示用にラミネート加工も大判サイズから対応しています。あと、名刺や印鑑、ゴム印の制作も可能ですし製本もできます。一通りの印刷物には対応できると思います。
 お客さまに一番喜ばれるのは大量出力が出来る印刷機があることです。A4サイズ500枚を最短4分で安く印刷できるので、PTAや各種団体の資料の準備がすごく楽になると思います。印刷のやり方が分からない場合や紙のサイズが分からない場合にはスタッフがサポートしますので、パソコン操作が苦手な方でも安心して頂けます。
 都内であればプリントショップがありますが、所沢や周辺にはプリントショップは意外とないんです。ましてやスタッフがサポートしてくれるところはほとんどないので、印刷したいけどどうすれば良いのか困っている方の味方になれればと思っています。

人と人が出会う場所
―この店をやって良かったことは?

 色々な印刷が出来るので、それに合わせて色々な方がうちをご利用頂いております。年齢層は幅広く、試験勉強のためにコピーを利用する高校生から詩句を楽しむご高齢の方までご利用頂いております。コミックマーケットの時期には、同人誌を製本するためにマンガやイラストを描いている方もいらっしゃいます。そうした色々な方と出会えて、色々なお話しを聞けるのが楽しいです。
 たまに、飲食店のお客さま同士がこの店で仲良くなることもあるんです。印刷する待ち時間にお互いの印刷物を見て、自己紹介をしながら仲良くなって新しいコラボレーションが生まれることがあります。この店がきっかけとなり、そうした新しいことが生まれるのはこの店をやって良かったと思います。

「想いをカタチに」をこれからも続けていく
―今後の目標は何ですか?

 この店は「想いをカタチに」をコンセプトにしています。一口に印刷をしたいと言っても何を印刷したいのか、何に使いたいのかで用紙も印刷方法も変わってきます。お客さまの中には印刷についてよく分からずに、漠然とした印刷のイメージでいらっしゃる方もおります。そうしたお客さまとお話しをしながら、何に使いたいのか、どんなものに仕上げたいのかお客さまの想いを明確にしていき、最適な印刷方法や用紙をご提案できるのがこの店の強みであり、「まちのコピー屋さん」として存在価値だと思っています。これからもそうしてお客さまの想いにお応えできるようにあり続けていくのが目標です。
 印刷についてお困りの方はもちろん、そもそもどう印刷すれば良いか分からない場合にはぜひ当店にお越しください。お客さまの想いをしっかりとお聞きして、思い通りのカタチを一緒に考えます。ホスピタリティ第一のまちのコピー屋ですので、ご安心してお越しください。

まちのコピー屋さん PRINT PORT(プリントポート)

住所:所沢市けやき台二丁目17-12 [地図
営業時間:9:30 ~ 19:00
定休日:日曜日・祝日
HP: https://printport.jp/
TEL:04-2928-0575