漁師直送『一本松牡蠣』を販売する うおたく

きっかけは東日本大震災。もともと魚を扱う仕事をしており、震災で困っている漁師の方の役に立てればと思い陸前高田へボランティアに。漂着ブイの撤去などの作業をして、次第に漁師と仲良くなった。作業も片付き他に手伝えることがないかを聞いたら、「築地に卸せなくなって余っている牡蠣があるんだけど、売ってくれないか?」と。卸の商売はしたことがなかったが困っている漁師を助けたいと思ってはじめたのが、うおたく。
右も左も分からなかったが、イベントに出店や、飲食店に営業をして取り扱ってもらえるなど地道に続けてきて次第に浸透してきた。その内、ブランド名があった方が広めやすいと考えて、漁師と相談して決めたのが、陸前高田市公認の『一本松牡蠣』。
被災した人を勇気付けた奇跡の一本松の地である陸前高田。その地の牡蠣として、一本松のようにみんなを笑顔にしたい、震災で多くの方に助けてもらった恩返したい、そんな想いで名付けられた一本松牡蠣が目指すのは、多くの人に食べてもらい、笑顔にすること。そのための価格と味についての努力を厭わない。
価格については生産努力と共に、通常だと牡蠣の大きさを揃える選別作業を省力化して、一定レベルのものであれば出荷することで価格も出来る限り抑えて気軽に食べてもらえるようにしている。
一本松牡蠣の味の特徴は、すっきりとした風味の中に絶妙な塩味と甘味。それは、「より良い牡蠣を作るためには生産者の努力が必要不可欠」とプライドを持って大切に育てられた牡蠣ならではの味わい。最近では広島でも取り扱ってくれる店も出てきた。舌が肥えた牡蠣好きの人はもちろん、牡蠣が苦手な人でも一本松牡蠣なら食べられると喜ばれているのが一本松牡蠣だ。
どうです?一本松牡蠣を食べてみたくなったんじゃないですか。一本松牡蠣は取扱い飲食店やイベントの他、通販でも購入出来ます。陸前高田発所沢経由で、全国へ広がる一本松牡蠣は食べずして牡蠣を語るべからず。

 

 

うおたくより 
HPではイベントの出店情報や購入が可能となっていますので、HPをチェックお願いします。
HP⇒https://uotaku.ocnk.net/
一本松牡蠣のシーズンは産卵前の2月~8月となっております。産卵以降は実入りが少なく出荷が出来ない場合もありお断りをすることもありますので、ご了承ください。
一本松牡蠣を取り扱って頂ける飲食店もお気軽にご連絡ください。